ホーム  >  CDE大阪について  > 会則

大阪糖尿病療養指導士認定機構(CDE大阪) 会則

第1条(名称)改定2014.7.1
本機構の名称は、大阪糖尿病療養指導士認定機構 (CDE大阪) とする。

第2条(目的)
本機構は、大阪における糖尿病教育の正しい知識及び技術の普及・啓発を図る
ための医療スタッフの養成及び認定を目的 とする。

第3条(事業)
1. 本機構の相互連絡、並びに研修プログラムの策定と実施・認定を行う。
2. その他、本会の目的を達成するための必要な事業を行う。
3. 年1回総会を行う。
4. 講習会を定期的に行う。
5. 上記の事業を行うため実務委員会(認定・試験・講習・広報)を組織する。

第4条(構成員)
1. 本機構の趣旨に賛同した構成団体(主催(大阪糖尿病協会)および協力団体)から選出された者とする。
2. 構成団体については中央委員会にて審議・承認する。
3. 構成団体は別に記載する。

第5条(中央委員会)
1. 構成団体から推薦された者をもって構成する。
2. 中央委員会によって会長を含めた役員を決定する
3. 中央委員会は各委員会を設置し委員長・委員を委嘱する。
4. 会長は中央委員会を招集し、本機構の運営方針を決定する。

第6条(役員)
本機構の企画、運営を行うため、下記の役員を置く。
1. 会長 1名
2. 副会長 若干名
3. 会計 1名
4. 会計監事 1名
5. 顧問 若干名
任期は2年とする。役員は再選を妨げないものとする

第7条 (運営)
本機構は中央委員会及び中央委員会が任命する実務委員会(認定・試験・講習・広報)が運営するものとする。

第8条(会計)
1. 本機構の会計は、次の各号に掲げるものをもって構成する。
 1) 認定講習会及び認定試験参加者負担金
 2) 寄付金品
 3) 事業に伴う収入
 4) その他の収入
2. 本機構の毎年度の収支決算は会計が作成し、会計監事の監査を受け、構成団体に報告を行う。
3. 会計年度は毎年4月1日から3月31日までとする。

第9条(事務局) 改定2014年4月1日
本機構の事務局を株式会社クレッシーにおく。

(構成団体)
主催団体;大阪糖尿病協会
協力団体;日本糖尿病学会近畿支部(大阪府担当)、
大阪府歯科医師会、大阪府内科医会、大阪府眼科医会、大阪透析医会
大阪府薬剤師会、大阪府病院薬剤師会、大阪糖尿病協会顧問栄養士会
大阪府臨床検査技師会、大阪糖尿病協会顧問看護師会

附則
本会則は、2012年4月1日から施行する。
改定2014年4月1日
改定2014年7月1日